お気に入りのキッチンツールをいつまでも大切に使うためのお役立て情報!

鉄素材は自分で育てる一生モノ

健康的でおいしい料理を作れるのが鉄鍋

鉄以外の素材でできている鍋やフライパンなどは、焦げつくようになった場合はやはり買い替えることになりますよね。
代わって鉄素材の場合はというと、こわれるといったことがなく、焦げつくクセがついても修正可能で、使えば使うほど油がなじみ、焦げつかなくなるといった特徴があります。
まず一番の鉄の特徴としては熱しにくいが冷めにくい「蓄熱性」があることです。
ですので!調理に鉄鍋や鉄フライパンを利用すると、温度が一定に保たれ食材を均一に加熱することができるので、料理がぐんとおいしくなります。
また、普通の鍋やフライパンで作る料理よりも、鉄鍋や鉄フライパンで作る料理は鉄分が増すため、栄養価だけでなく味に深みが出ます。
鉄鍋や鉄フライパンから溶出する鉄分というのは、人体に吸収されやすい二価鉄なので、微量ですが鉄分補給になります。

鉄素材のメンテナンス方法

それでは鉄鍋、鉄フライパンの使い方を説明していきます。
購入した鉄鍋や鉄フライパンは、お湯で洗うだけでは不十分です。
サビ止めのワックスがコーティングされているので、しっかりと洗剤で洗って下さいね。
また使い込んで油がなじむまでは、洗って乾かした鉄鍋や鉄フライパンに油を引いておくのがベストです。
ポイントとしては、強火にかけて煙が出るまで加熱し、熱いうちに油を鍋肌全体になじませることです。
これは購入してからひと月ほどは毎回で、2~3ヶ月後は3回使ったら油を引くといった頻度で行うのが良いでしょう。
また、サビはたわしでこすり洗いすれば簡単に落とせ、このあと強火にかけて油をなじませれば、まったく問題ありません。
焦げつきも煙が出るまで強火で加熱すると、焦げついた場所が炭化してボソボソと剥がれます。
このように強火にかけて、熱いうちに油を全体になじませる工程を繰り返すことで使いやすく成長していきます。


Share!
B!

ページTOPへ