お気に入りのキッチンツールをいつまでも大切に使うためのお役立て情報!

キッチンツールにもメリット・デメリットがある

「木べら」と「穴あきへら」

木の温もりを感じる木製のキッチンツールはデザイン性が高く、おしゃれで温かみがあり、実は料理好きさんからの人気がとても高いようですよ。
みなさんのご家庭にももしかしたら…一つはあるのではないでしょうか。
木製のキッチンツールの中の木べら(木製の調理べら)について説明していきたいと思います。
木べらは材料を混ぜたり炒めたりするのにとても役立ち、フッ素樹脂加工のフライパンやお鍋をキズつけないので安心して使えます。
また、この木べらは中央に穴のある「穴あきへら」があります。
この「穴あきへら」は、特に汁けのある料理のときには、中央に穴が空いているおかげで、鍋の中で液状のものをかき混ぜた際に木べらよりも抵抗が弱くなり、勢いよく混ぜすぎて鍋の外に飛び散ることを防いでくれます。

木製素材のメンテナンス方法

木製のキッチンツールは、ブナの木やオリーブの木、竹など、さまざまな木材から作られています。
色合いも木材によって、明るめだったり、濃いめだったり、と多少の違いが出てきます。
お好みの色合いや、実際に手に持った際、しっくりくる素材のものを探してみるのがおすすめです。
それでは木製のキッチンツールのお手入れ方法を説明していきますね。
木製のキッチンツールはお手入れが大変そうなイメージはありますよね…しかし実はお手入れの方法はとっても簡単なのです。
1~2ヶ月に1回程度、オリーブオイル等のオイルを布に含ませてから、木製キッチンツールの全体を拭くだけです。
拭いたら日陰に半日ほど置いて乾燥させれば、オイルのベタベタもにおいもなくなります。
お手入れをすることで表面に艶が出て、さらに使い込むほどに味わいが出てきます。


Share!
B!

ページTOPへ